• ケイザブロー十番勝負
  • 新隊員バッジ紹介!
  • アウトドアパトロール
  • アウトドアパトロール
  • 緊急指令!!隊長は新しいユニフォームがほしいのダー!!!
  • 通信班イボンヌのお知らせブログ
  • NACK5
  • radiko.jp

白馬に出掛け、そこで出会った素敵な風景、素敵なお店、素敵な人物、素敵な生き物などを写真と動画でご紹介するこのコーナー。 あなたが出掛ける前、出掛けた後、覗いてみて下さい。 白馬の魅力にドップリとハマって頂戴! ナイスな情報もてんこ盛りでご紹介致します。

白馬レポートその9「おびなたの湯」

  • まさに野趣あふれる露天風呂と言えばここしかないだろう! 猿倉登山口に向かう途中にあるここ「おびなたの湯」は露天風呂と言うよりも「野天風呂」。巨大な岩で男湯、女湯を仕切られ、川のせせらぎを聞きながら入る。今回はしんしんと降る雪の中での雪見風呂。嫌な音はなにひとつ聴こえず、その至福の瞬間はそんじょそこらじゃ滅多にお目にかかれない! 冬の間はお休みだが、3月からオープンしました! お湯はとにかくなんでこんなにお肌がツルツルになってしまうの?と女性ならうれしくなってしまうのは当然の理だ。 湯に浸かったあと、なんだかとても元気になるのはスーパーナチュラルのパワーのおかげか? とにかく1回入ってみて頂戴!空が最高にきれいに見えるから、、、、

大人500円 小学生250円
営業時間:
4月上旬 11:00〜16:00
4月上旬〜11月上旬 10:00〜18:00
電話:0261-72-3745

温泉の詳しい情報はオフィシャルサイトで!
白馬八方温泉公式サイト

PAGE TOP

白馬レポートその8「ホテル白馬」

  • いまや白馬に滑りに来る時には「常宿」としてお世話になっている「ホテル白馬」。清流沿いにたたずむ建物は、白い雪と抜ける様な青空と見事にシンクロしていて「なにかがはじまる予感」を感じられる、ムネがワクワクするそんなホテルだ。
    かゆいところに手が届く広さとサービスは文句無しの一級品。せっかくのお休みを120%楽しめ、満足する事は間違えない!
    そして僕はなんと言ってもここの「バイキング」と「露天風呂」の虜になっているのだ。
    まずは「バイキング」。なにが凄いってその品数ももちろんだが一品、一品のクオリティーがメチャメチャ高い。軽く紹介すると長いもの西京焼き、あさりの酒蒸し、牛スジおでん、白馬豚の豆乳鍋、ブリのスペアリブ、エビと野沢菜信州ロール(海苔太巻き)等々、とにかく種類が豊富でちょびちょび取ってもすべて食べるのは不可能だろう!(笑)。もちろん女性に大人気のスイーツの品ぞろいは圧巻。この日はなんとチョコレートホンディュまで登場してました。
    僕は締めで頂く、たぶん日替わりの麺類が大好きでこの前、食べた信州そば、味噌ラーメンも秀逸でありました(笑)。あと漬け物の充実具合も半端じゃないし、朝のバイキングのトロロ飯も3杯は食べちゃうし、ああっ!今これを書いているとまた食べたくなってきた!ふあふあの牛スジおでんでビール飲みたいいいいいっ!
    すみません!我慢出来ずに取り乱してしまいました(笑)。
    とにかく様々なバイキングを食べて来たわたくしも本当に完敗です。虜になってます。
    そしてお次ぎは「露天風呂」。白馬三山を正面に望みながら浸かるお湯は極楽以外の何者でもなく。「今日まで、、、、うっ〜!い、き、て、て、よかった〜!」
    と唸る事間違え無し。晴れた日の朝の景色がわたくし大好きでついつい早起きしてしまいます(普段はギリギリまで寝ていたいので早起きはなかなかしません)(笑)。
    こんだけの景色があれば効能なんて別に知りたくありません。なぜならこの圧巻の景色が最高の効能なのだから、、、、、(良い事言ったな?おれ?)
    そしてホテルのお部屋もお洒落ですよ!間接照明が素晴らしく、カップルの方の初めてお泊まりにもお勧めです。

    それじゃここでこれを読んでくれた方にのみのナイスな情報をひとつ。
    実は夏になるとホテルの前の川でヤマメが釣れます。わたしは毛針でほぼ入れ食いになりました(笑)。でもサイズの小さい魚も多いので乱獲はしないでね!可哀想だから、、、、、、。

詳しい情報はオフィシャルサイトで!
ホテル白馬
電話:0261 72 4444

PAGE TOP

白馬レポートその7「ヘッドスポーツステーション白馬」

  • 白馬八方尾根のゴンドラ乗り場に向かう絶好のロケーションにある「ヘッドスポーツステーション白馬」はお洒落な佇まいと共に、雪山フリークのニーズに完璧答えてくれる。
    まず、レンタルシステムはレベルが違う。まずスキー、通常のカービングスキーからツインチップ、さらにはパウダー用のスキーまで借りられちゃう。
    今まではかなりイケテナイ板をレンタルに出している、そんなお店もあったがここはモノが違う。あの雪山界のトップブランド「HEAD」が満を持して、借りて遊ぶ側の気持ちにたっての細やかなサービスが本当にうれしい。
    例えば「朝一でパウダー用の板を借りて、午後からは通常のカービングスキーの板に切り替える!」なんて言う芸当も出来てしまうのだ。
    せっかく来た雪山、ブーツがあわない、板のエッジが甘い等々、哀しい目に遭いたくなければこの店をチョイスすべし!
    スノーボードも見事なラインナップ。身長、テク、目的に、応じたチョイスが出来る。わたしは何と言ってもここのブーツがメチャ履きやすくてお気に入り!(笑)
    もちろんウエアのレンタルも超おしゃれ!
    そしてここでレア情報!そろそろ来季モデルが入り、これもレンタルでなんと試乗出来ちゃう!板を買おうと思ってる方もまずはレンタル!そんな方法もある。
    さらにチューンナップルームもあり、こらまた最新マシーンであなたの板をワンクラス上の世界に誘います。
    あっ?そうそう!ここにはおしゃれなカフェもあって手作りパンやコーヒーも楽しめるし、店長さんの雪山情報も聞き逃せない!
    フリーWiFi.PCもあるのがうれしいぃぃぃ〜!
    HEADの板ってなんかセクシーなんだよな?(笑)

お店の詳しい情報はオフィシャルサイトで!
ヘッドスポーツステーション白馬
電話:0261 72 6716

スタッフのなつみさん いつもお世話になってます

PAGE TOP

白馬レポートその6「みみずくの湯」

  • 白馬八方温泉は「第一郷の湯」、「第二郷の湯」、「おびなたの湯」、そして 「みみずくの湯」があり、滑った後に、またはまったりとする日にいろいろ選べるのがうれしいですね~!!
    今回わたし、「みみずくの湯」にお邪魔。ここは無色透明なアルカリ性単純温泉でpH11を越えるアルカリイオンはその濃度の数値は日本一!と言われていてぬめりがあり、皮膚の活性化を促し、入ると綺麗になる「美人の湯」と言われています。同行してくれたおなじみケイちゃんも「マジ、女性におすすめ!お肌がツルツルになるのよ!」とお墨付き。
    さらにもちろん「源泉かけ流し」で肌の弱い方にもオススメだそうです!
    それから乳がんで手術された方もカバーをまとって入れる、優しいこころずかいもあります。
    毎月8日は半額デー、内風呂、露天風呂がありスキー場を眺めながらの入浴は最高です。 おとな\500

PAGE TOP

白馬レポートその5「スノーシュー」

  • スキー、スノーボードだけじゃもの足りないあなたに、うってつけなのがこのスノーシュー。
    フッカフッカの雪の中を、まるで森の動物になった様な気分でピヨンピヨン!心がはずむ!
    そのままでは雪の中にズッポリはまってしまうところ、スノーシューというちょいとおしゃれな「かんじき」を履く事によってフカフカの雪の中も自由自在。
    今回は白馬岩岳スノーフィールドのゴンドラ「ノア」を降り立ったすぐ横のウオークフィールド「ねずこの森」をスキーパトロールの杏子先生のレクチャーの元、初挑戦。はじめて履くスノーシューはとても軽量で、踏み出す足取りも実に軽やかだ!スキーストックを手に、だれにも踏まれた跡のない森に繰り出せば、小さな小動物の足跡、白い樹氷と青空のコントラスト、木々の間をすり抜ける風の音。まるで自分が自然と完全に一体化したそんな気分にさせてくれる。さらに自分の中の「征服欲」まで満たされてしまうのである。(だれの踏んだ跡もないバージンスノーに自分の足跡をつけるあの快感!たまらん!笑)
    幻想的な空間は、みんなの、いや、ふたりの、距離をグッと縮めてしまうこと間違え無し!

    わたしは?
    わたしは、はしゃぎ過ぎて杏子先生との距離がグッとひらいてしまったのだけは付け加えておこう(笑)!
    ウオークフィールドに入る方は、山頂パトロールに入山届けを出してから入るべし!

PAGE TOP

白馬レポートその4「白馬ジャンプ競技場」

  • 白馬ジャンプ競技場は6年の歳月をかけ平成4年11月に竣工。 あの98年の長野オリンピックではみなさんの記憶にがっちりと突き刺さっている 日本ジャンプチームの金メダル。船木が飛び、原田が涙する、あの場面はいま思い出すだけでも感動が蘇って来る。 そこで今回は年間約10万人をこえる観光客が訪れるジャンプ台に登ってみた。 ここにはイカしたサービスがあって、元ジャンパーの方の解説のもと、あの時の裏話や選手しかしらない感動の秘話など、聴きごたえたっぷり。わたし思わずそのお話にうっすら涙を浮かべたくらいですから、、、 そして向かったラージヒルは標高差138M、最大斜度37°そりゃドデカイ、ドデカイ、クロガネの城(ちなみに東京タワーの展望台が145M)。リフトそして60Mのタワーをエレベーターで登り。階段を使いながらたどり着いたジャンプ台のスタート地点は、 背骨の中に冷たい液体がスーッと流れ、一瞬、目の前が真っ白になる程の恐怖だ! 冗談で背中をツンツンされただけで男子なのに金切り声をあげてしまったわたしでありました、、、、。ダサッ!(笑)。 そして今回解説してくれた所長は言う「日本チームはオリンピックの時、このジャンプ台から7万人の大観衆に向かって飛んだんです」 想像してみた、、、、。 ブレーブハートが蘇るか?と思ったけど、、、、 やっぱりおいらには一生出来そうにもない。
    そしてあの日本ジャンプチームが手に入れた金メダルは奇しくも日本にとって100個目の金メダルだった。
    追伸)今、選手達が練習で飛んでる姿がみられる 興味のある方は是非(船木選手も見られるかも?)

PAGE TOP

白馬レポートその3「オリンピック記念館」

  • ジャンプ台のすぐそばにある記念館はちょいと感動もの。
    長野オリンピックの金メダル、銀メダル、銅メダルが展示されていて、まじかで見るメダルには神々しさが宿り、見ているだけでなぜか魂が震えてくる。
    今回、無理を言って特別に首に掛けさせてもらい、まさに、感動!感動!です。その金メダルを首に掛けた写真、将来、自分の子供に
    「おとうさんがおりんぴっくでとっためだるだよ」とウソをつくかもしれない自分がこわい(笑)。
    その他、選手達が着たウエアー、ジャンプスキー板なども歴史を感じさせてくれる道具達と共に感動を与えてくれる。
    ちなみに観覧料はジャンプ台と記念館がセットで500円と超お得だ。

PAGE TOP

白馬レポートその2 ナイトシャトルバス「元気号冬物語」

  • 白馬のナイトライフが充実している理由のひとつはこのナイトシャトルバスと言っても過言ではない! 12月17日から3月4日までの期間の運行! 夜になると3つのコースのシャトルバスが動きだし、ホテル滞在の、ペンション滞在のお客さんが乗り込み、レストランへ、スポーツバーへ、居酒屋へ、スーパー買い出しへ、コンビニへ、カラオケへ!といざ出陣(もちろん途中からも乗れるよ)。 バスの止まるところも、白馬東急ホテル、白馬飯店、居酒屋のんじゃえ、さらにチェリーパブ等々、バス停じゃなくそこの真ん前につけてくれる。(止まらないお店ももちろんあるのであしからず) 要はみんなで出掛けてみんなでビールが飲める。運転手を確保しなくていい! おいしいレストランにバスで出掛け、帰りのバスの時刻表だけ把握して、大いに楽しもう!再びバスに揺られてホテル前まで! なんてかゆいところに手が届くシステムなんでしょ? このナイトシャトルバス、外国に方に大人気でバスの中はもう完璧、異国です!(笑)。 料金はたったの200円。 わたしが乗ったバスは17:43白馬東急ホテルから。すでに車内はオーストラリアから来ている家族連れ14人ですでに大盛り上がり、最前席に座っていたリーダー格のスティーブおじさんは「チェリーパブに行きたい!」と興奮気味(笑)。そのイケイケなノリ、わたし大好きです!

PAGE TOP

白馬レポートその1 ウェア、ボードレンタルショップ「SPICY」

レンタル料金やお店の詳しい情報はオフィシャルサイトで!
SPICYオフィシャルサイト

外看板
  • SPICY 白馬八方尾根のゲレンデに向かう街の真ん中にあるこのお店 借りる。返す。と言った作業がまったく苦にならない立地条件。 品揃えも実に豊富で最先端のスキー板、スノーボードはもちろん、ウエアーの充実は特に若い女性にとって一番うれしいところ。当日、番組男性スタッフが貸してもらったウエアーがかなりイケテいてゲレンデで実力以上の力を発揮していたのは言うまでもない!(笑)
ボード平積み
  • 見よ!この選択肢の広さ! 数あるスキー板、スノーボードの中から選べるから「納得の滑り」が手に入れられる
おススメボード
  • この手前にある黄色とみどりのスノーボードは「ロッカーボード」と言う夢の板なのである ハイサイド、要は逆エッジを喰らわない。信じられないテクノロジーなのである。僕が始めた頃もこのボードがあれば、、、、、「あの痛い思い」をしなくて済んだのか?と思うと、初心者またお久さしぶりの方にオススメ!)
店長と
  • あらゆる要望に笑顔で答えてくれる頼れる店長。 アドバイス、細かいセッティングの仕方まで本当にいろいろ教えてくれちゃうんだな? 力量にあった板の選び方からビンディングの位置を数センチ刻みで、、、 「店長〜!今度 お邪魔するときはまたあの板でお願いね?」

PAGE TOP

Copyright © SUNDAYBIRDS All Rights Reserved.